<< 9月のお誕生日会 | main | 絵画 4(第一) >>

10月の絵本

2019.10.05 Saturday

 <年少>

『えんそくねこねこ』
 12匹のねこたちとお父さん、お母さんねこが遠足へ行き、お山のてっぺんでくまに出会い、お弁当を食べ、お友達になるお話をリズミカルに歌いながら楽しく読み進めていきます。

 

 

 

『がくしゅう絵本』
 ・子ども達だけの力では抜けないいもを、動物や鬼と一緒に協力して掘るお話です。

 ・色々な具でおにぎりを作って、ごっこ遊びをして楽しみます。

 ・シールあそびをしながら、写真をよく見て車の特徴と働きを学びます。

 ・一人で取り組むよりもみんなで取り組む方が楽しいことに気付くお話です。

 

 

 

 

『別冊』デパートにいこう
 デパートにあるおもちゃ屋さんや洋服屋さん、ジュースコーナーやお花屋さん、レストランに行ったことを想像しながらお買い物を楽しみます。

 

 

 

<年中>

『おなべをもってピクニック』
 大きなおなべを持って森に出かけたリスの親子。途中でくりやきのこ、どんぐりをみつけて鍋に入れました。そして出来あがったのはおいしいスープ。森の仲間とおいしく食べました。

 

 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 今月の発見では、遊びながらバッタの擬態の面白さに気付き、親しみを持てるようにします。シール遊びではバッタのシールを貼り、かくれんぼを楽しみます。おいしくたべようでは、世界の料理はどこからきたのか国旗と料理をみて学びます。たのしいえんせいかつでは友達が頑張っているときは一緒に応援し、応援されると嬉しい気持ちに気付けるようにします。「だんまりくらべ」は、どちらが最後までだんまり出来るか楽しい日本昔話です。

 

 

 

 

『付録』あきいろずかん 
 秋の葉っぱや虫、どんぐり、きのこ、花、野菜などの色を知り、探します。

 

 

 

<年長>

『コルプスせんせいとかばくん』

 ある男がつれてきた、キャベツを食べなくなったかばの診察をすることになったコルプス先生。どうやって治すか考えている間に男がいなくなってしまいました。それでもかばのために診察を続け、原因を探るため、口から中へ入り、黒いかつらを見つけました。すると、かばが口をきけるようになり、なぜキャベツを食べなくなったのか理由を話し始めたのです。それを聞いたコルプス先生は、キャベツを食べられるように治療をし、かばを動物園に寄付しました。

 

 

 

 

自然『たねのたび』(子どもの「なぜ?」に答える科学絵本)

 植物の命のもとがつまったたね。自分で動くことはできなくても、風に飛ばされたり何かにくっついたり、食べられたりして運ばれて、植物が知恵をつかって命をつないでいく様子を学びます。

 

 

 

 

キッズサイエンス

 サフランの球根を水栽培で育てます。

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko
 
プロフィール サイト内検索
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
新しい記事 アーカイブ
カテゴリ リンク モバイル
qrcode
Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ