<< 夏休みのプール開放 1 | main | 夏休みの預かり保育 2 >>

8月の絵本

2019.08.01 Thursday

 <年少>

『おいらひょっとこ』
 ひゃりほーと笛の音とともにやって来たのは”ひょっとこ”。ひょっとこたちといろんな表情やポーズのまねっこ遊びをするとっても楽しいお話です。

 

 

 

 

『がくしゅう絵本』
 ・しんちゃんがおじいちゃんと夏祭りへ出かけ、屋台で遊んだり、太鼓に合わせて踊ったりしてお祭りを楽しむお話です。

 ・花火のシールを貼って、夜空を花火でいっぱいにします。

 ・ぶたさんと一緒に「おおきくなあれ!」とすいかを育て、真っ赤なすいかを楽しみます。

 ・早寝早起きをして、朝ご飯をしっかり食べ、夏の元気な過ごし方を知ります。

 

 

 

 

<年中>

『いっすんぼうし』
 むかしむかし子どものいないおじいさんとおばあさんが神様にお願いし、親指ほどの小さな男の子が産まれました。男の子は大切に育てられ、「一寸法師」と呼ばれていました。ある日、一寸法師は都に行き、大きな屋敷の家来となり働くことになります。お姫様のお供をしている時、鬼が現れ、お姫様を連れ去ろうとしました。小さな一寸法師は一度は鬼に飲み込まれてしまいますが、大きな鬼を追い払ったのです。鬼が忘れていったうちでのこづちで「大きくなりたい」と願った一寸法師はみるみる大きくなり、立派な若者になり、お姫様と結ばれ幸せに暮らしました。

 

 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 ・海に住んでいる生き物の特徴や名前を知ります。

 ・いるかやかめなどのシールを貼ります。

 ・『こうのとりとえびとくじら』世界で一番大きいと思っていたこうのとりが海から突き出た棒に止まっていると、大きなえびが現れました。棒は、えびのひげだったのです!こうのとりよりも大きいと驚いて飛んでいきました。また、どこからか声が聞こえてきたのです。えびが洞穴だと思っていたのは、くじらの鼻の穴だったのです。えびはくじらのくしゃみで飛ばされて岩にぶつかり腰が曲がってしまったという面白いお話です。

 ・そうめんと冷やし中華をとれたて夏野菜で作ります。好きなつゆの中に麺カードをさして楽しく遊びます。

 

 

 

 

<年長>

『ようかいのしんさつ』

 かい君のお家の近くの古い病院が取り壊しになり、あたりはすっかり明るくなりました。その夜、いったんもめんやかさおばけ、様々なようかいと出会い、かい君が心配しているおねしょについて診察してもらいます。ようかいにもらった薬を飲んで、次の朝目を覚ますと、おねしょをしていませんでした。

 

 

 

 

 

自然『きけんないきもの』(子どもの「なぜ?」に答える科学絵本)

 身のまわりに潜んでいる危険な生き物たち、毒があったり、鋭い爪の牙があったり…。でもそれは自分たちが生きていくために必要なものなのです。その生き物をきちんと知って、上手に共存していきましょう。

 

 

 

 

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko
 
プロフィール サイト内検索
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
新しい記事
アーカイブ
カテゴリ リンク モバイル
qrcode
Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ