<< 冬休みの預かり保育 3 | main | あそんだよ (第一) 239 >>

1月の絵本

2019.01.08 Tuesday

 <年少>

『10ぴきこぶたはかぜっぴき』
 かぜをひいた10匹のこぶたちゃん。「すべり台の上でくしゃみをしているのはだれ?」「病院でお母さんに抱っこしてもらっているのはだれ?」ページをめくりながら、質問の答えを探していく楽しい絵本です。

 

 

 

『がくしゅう絵本』
 ・しろくまの3兄弟が寒い国で元気におすもうやおいかけっこをして元気に遊んでいます。

 ・寒くてもお外で元気に遊んでいる子ども達のシールを貼ります。

 ・「ねずみのすもう」すもうの勝負で負けてばかりの小さいねずみ。おもちをたくさん食べるとちょうじやどんの家のねずみに大勝利。一緒におもちを食べ、まわしまで作ってもらったお礼に小判を置いていきます。おじいさんとおばあさんは新しい家を建て幸せに暮らしました。

 ・机を拭くお手伝いをします。

 ・おもちの色々な美味しい食べ方を知ります。

 

 

 

『別冊』

 具だくさんのピザやサンドイッチ、フルーツジュースやケーキを作って楽しいパーティーをします。

 

 

 

<年中>

『アムさんのけいと』
 丘の上に編み物屋のアムさんのお店があり、そこで売っている毛糸は少し特別で、アムさんの歌に合わせて踊り出します。しかし、今年はお客さんがちっとも来ない為、毛糸をお店の奥にしまいました。毛糸たちはアムさんが眠ると大騒ぎ。こっそり店を抜け出して町に向かって転がり出しました。次の日、町の人たちはびっくりしましたが、毛糸をたどってみるとアムさんの店に到着。すてきな毛糸にみんな大喜びです。

 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 雪のゆきんこと一緒の雪の結晶の形を知ります。お外に積もった面白い形の雪に気づいたり、シールで雪かいじゅうを作ります。おせち料理のページで料理の由来を知ります。「かいじゅうになっちゃった」では、お外で遊ぶのを嫌がるひろくん、「こたつかいじゅう」や「だるまかいじゅう」と呼ばれて外へ出て遊んでいると体がポカポカ温まって、「ポカポカかいじゅう」になったひろくん。みんなと元気にお外で遊ぶことができたお話を読みました。「はなしあうじゅつ」では、お友達とけんかした時に自分の気持ちをきちんと言葉で伝えることを知りました。

 

 

 

 

『付録』「ふゆいろずかん」

 冬の自然について学びます。

 

 

 

<年長>

『おーくんとおしゃべりなみず』

 寒い日、おーくんが手に受け止めた雪がみるみる溶けて水になり、どうやってここに来たかのおしゃべりをはじめました。氷や水蒸気に姿を変える様子や、生き物に欠かせない働きなど科学的な事実を元に水を巡るお話です。

 

 

 

自然『いし』 
 足下に転がる石ころから、私たちの暮らしに使われている石、美しい宝石など、石についての新たな発見がいっぱいの一冊です。

 

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko
 
プロフィール サイト内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
新しい記事
アーカイブ
カテゴリ リンク モバイル
qrcode
Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ