<< あそんだよ(第二)122  | main | こんなことしたよ(第一)123  >>

9月の絵本 

2016.09.11 Sunday

 <年少> 
『たんこぶた』

 ぶたくんが歩いていると、木にぶつかり、たんこぶができてしまいました。「いたいの いたいの とんでけ〜」…すると、たんこぶが次から次へと 皆にくっついていきます。最後はぶたくんに戻ってきますが、妹が見ていたので、痛いのを我慢したかっこいい

ぶたくんでした。
 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 虫の鳴き声を聞いて秋を感じます。「ふたごのおつきみ」のお話は、おつきみの日にお供えするものや、池にお月様がうつる様子を楽しみます。そして、地震の時の避難の仕方を教わります。「おこめが みのったよ」は、おにぎりを作る疑似体験を楽しみます。「そらのさんぽ」は、いろいろな風船につかまったお友達のシールを貼って遊びます。

 

 
<年中> 
『パルネとふしぎなたね』

 ある日、おじいさんにもらった種をまくと、次の朝天まで届くほど、大きく育っていました。木を登っていくと、そこは雲の国。そこには、何でもひとり占めするいじわるな王様がいました。王様は種を奪って全部まいてしまいますが、あっというまに果物が育ち、重さに耐えられず、みんな落ちてしまいました。果物もひとり占めにしようとした王様ですが、パルネのお母さんと一緒にケーキを作り、初めてみんなに分けてあげたいという気持ちになりました。そして王様は人にやさしくなり、雲の上は笑いが絶えない国になりました。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 稲からお米になる様子を見て、いろんなおいしいお米料理を知ります。避難訓練で大切な約束を知り、実践に役立てます。運動会に向けて、走り方や玉入れのコツも学びます。そして、宝石シールを貼って、自分だけの金メダルをつくります。「ほねほねクイズ!」で、身体には骨があることを知り、丈夫な骨の作り方を学びます。「おばあちゃんと じゃんけんぽんさんぽ」は、おばあちゃんとじゃんけんをして、行き先を決めていく大冒険のお話です。

 


<年長> 
『つきことおつきさま』

 月のないまっくらな夜のこと。つきこの部屋にお月さまがやってきました。不思議に思ったつきこが聞いてみると、新月の今夜、お空を留守にしてつきこの所へやってきたと言うのです。お月さまは、月の満ち欠けなど、つきこの質問にひとつひとつ優しく答えてくれました。楽しい時間を過ごした後、「これ以上お空を留守にはできません」と、月のない夜空に帰っていきました。

 

 

 

自然『すずめ』 
 みなさんがいつも見かけている鳥、すずめ。ちゅんちゅんと鳴き声通りのかわいい姿はよく目にしますが、実は激しい形相でけんかをすることもあるのですよ。そんな、あまり知られていないスズメの興味深い生態に迫ります。

 

 

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko
 
プロフィール サイト内検索
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
新しい記事 アーカイブ
カテゴリ リンク モバイル
qrcode
Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ