3月の絵本 

2018.03.03 Saturday

<年少> 

『ぼくおにいちゃん』

 こねずみのチュチュに妹が生まれました。チュチュは嬉しくなって沢山のお友達に妹が生まれた事を話すと、あっという間に村中に広まりました。次の日、村のみんながお祝いにかけつけました。みんなが妹に夢中になりチュチュは寂しくなりました。その時、妹が泣き出してしまいましたが、チュチュのおかげで泣き止み、みんなにほめられてお兄ちゃんになった喜びを感じました。

 

 

『がくしゅう絵本』

 ・植物が花を咲く様子を見て、春を楽しみます。

 ・春のいきものシールを貼って野原で遊びます。

 ・しかけをパタパタして自分だけのお子様ランチを作ります。

 ・一年間の思い出をアルバムを見て振り返ります。みんなにかんむりのプレゼントがあります。

 ・「ぽかぽかはるのひ」のお話は、春の日をあなぐまくんが友達と待ち合わせをしていました。途中でかえるさんやちょうちょさん、みつばちさんに出会います。みんなで待ち合わせの場所まで走ります。

 

 

<年中> 

『おにぎりくん』

 旅をしているおにぎりくんは「くいしんぼうむら」にやってきて、お腹がすいている動物たちにおにぎりを作ってあげました。よくばりやまに住む「くいしんぼうず」が村の食べ物を食べてしまう為、みんなで協力して「くいしんぼうず」をやっつけ、おにぎりくんの旅が続いていくというお話です。

 

 

『がくしゅう絵本』

 ・あさりをとって調理する様子や料理を見ます。

 ・季節ごとの桜の木の変化を知ります。

 ・ちょうちょ等の虫シールで遊びます。

 ・もうすぐひとつおおきい組になることに期待を込めて1年間を振り返ります。

 ・「こびとのくつや」は貧しい靴屋を小人たちが助けに来る不思議なお話です。

 

 

<年長> 

『のねずみくんのおはなしとんこととん』

 のねずみくんのお家の下からにぎやかな音が聞こえてきました。床をノックしてみましたが、返事がありません。しばらくすると、ねずみくんのお隣に引っ越してきたモグラくんが挨拶にやってきました。それからというもの、のねずみくんが床をノックするとモグラくんは天井をノックして返事をします。心と心が響き合う嬉しい音です。とんこととん♪

 

 

自然『さくら』

 春、サクラの開花が楽しみな季節がやってきます。美しい花を咲かせる時期以外はどんな姿をしているのでしょう。サクラにやってくる生き物たちにも注目しながら四季の変化を学びます。

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

2月の絵本

2018.02.03 Saturday

<年少> 

『ポカポカスープ』

 風邪をひいて布団で寝ていたたっくんは、布団の奥から聞こえてくるおかしな歌に引き寄せられるように、布団の奥にもぐりこみました。するとたき火の前でコックさんがあつあつのスープを作ってくれ、風邪をひいたたくさんの動物たちが飲みに来ていました。それを見たたっくんもスープを飲んで、体がポカポカして少し元気になってきました。しばらくするとたき火の火が弱くなり、火が消える前にみんなでスープを飲みほしました。たき火が消え、たっくんが立ち上がると、そこは布団の上でした。そこへお母さんが見覚えのあるスープを持って来てくれ、そのスープを飲んで、たっくんの風邪はいつのまにかどこかへふっとんでいきました。

 

 

『がくじゅう絵本』
 ・さるが気持ち良さそうに温泉に入っている様子を見て、おふろのシールあそびを楽しみます。

 ・嫌なことがあったときに、きちんと自分の気持ちを伝えることの大切さを学びます。

 ・おすしの魚のもともとの姿を楽しく知ります。

 ・豆まきをして、鬼を退治する節分という行事に触れます。

 

 

 

<年中> 

『くすのきだんちのひ・み・つ』

 かけすのぼうや達は袋を大切に持ってきました。くすのき団地の住人たちに中身を教えません。管理人さんのもぐちゃんには袋の中のどんぐりを見せ、かわりにくすのき団地の秘密を教えてもらいました。くすのきさんは蝶の子どもを寒さから守っていることを知ったみんなは春を心待ちにしていました。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 ・水が凍ってできるつららを知ります。

 ・年長児になる期待を持ち、困っている小さい組のお友達へ優しく声掛けをするよう学びます。

 ・節分で使ったり、色んな食材に使われていたり、大豆の栄養素などを学んで、シールあそびをします。

 ・牛乳パックの廃材をリサイクルすると、トイレットペーパーになることを知るお話を読みます。

 

 

 

<年長>

『ちーばばさんのゆきあそび』 
 きらきら山に雪が積もり、ちーばばさんと山の動物たちが遊んでいます。山の守り神のちーばばさんの首には願ったものに変えられるいちごきのこの首かざりがついています。ちーばばさんが不思議な首かざりを使って、山の皆が冬の遊びを楽しみます。寒い冬に心温まるお話です。

 

 

自然『こおり』

 寒い冬、身近なところで目にする氷。透明でキラキラと美しい氷はいったいどんなふうにできるのでしょう。水が変化して氷ができる様子や、氷を作ったり、氷を使った遊びもご紹介します。

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

1月の絵本

2018.01.06 Saturday

 <年少>

 
『うちさんぽ』
 いぬくんねこちゃん、ぶたくんが眠っている間にみんなのおうちがお散歩にでかけます。いぬうちくんは走ったり、ねこうちちゃんは木に登ったり、ぶたうちくんは丸太橋を渡ったり、散歩の途中でいぬくんねこちゃんぶたくんが目を覚ましますが、夜の散歩は続きます。すると、大きな池から竜がでてきて、おうちたちを背中に乗せて空の散歩にでかけ、朝になると「不思議な夢だったね」と言いながら、いぬくんたちは目を覚まし、おうちたちはぐっすり眠っています。 

 


 

『がくしゅう絵本』 
 ・お正月はどんなことをして過ごすのかお話して、伝承遊びのシールを貼ります。

 ・お父さんと凧揚げをしに公園へ遊びに来たともくん。なかなか上手に凧をあげられません。お父さんが代わりにすると、

  凧はぐーんとあがっていきました。しかし、木にひっかかってしまうのです。そこにどこからか天狗がやってきて、

  凧を木からとってくれました。そして、天狗と一緒に凧揚げをしました。

 ・おもちを作っていろんな具をのせて食べましょう!どれがおいしいかな?

 ・友達と協力し、大きなお山を作りました。みんなでにこにこりんご!

 ・どしっと大きな富士山に変身します。

 

 

<付録>

 市営バスに乗って「止まります」のボタンを押して遊びます。バスの中から外をみると、道路にはいろいろな車が走っていました。タンクローリーなど、働く車がたくさんです。駅には電車が止まっています。車内では車内販売を楽しんで、新幹線の前で記念撮影をして、モノレールや飛行機をみて空港のレストランでご飯を食べて遊びます。

 


<年中> 


『いばらひめ』
 魔女に呪いをかけられた姫は、呪い通り15歳になると針に刺され眠ってしまいます。100年が過ぎたころ、王子が現れ姫にキスをすると、ぱっちりと目を覚ましました。そして、お城中のみんなが目覚め、2人は結婚し、幸せに暮らすお話です。 

 

 

『がくしゅう絵本』 

・生き物たちが寒い冬に体をあたためる方法を知ります。

・雪のシールを貼って楽しみます。

・おせち料理にこめられた願いを知ります。

・けんかをしたときの、仲直りの方法を学びます。

・野菜嫌いな子ども達が野菜がどんな料理に変身するかを想像すると、そのお野菜が食べられるようになったというお話を読みます。

 

 

<付録>「メダルずかん冬」

 冬の生き物や植物を見たり探したりして楽しみます。

 

 


<年長> 


『たのしいひ』
 ねずみのきょうだいは毎朝起きるとバスケットで作ったくじびきをします。今日は「た」の文字が出てきました。そこでねずみの兄弟は「た」のつく食べ物や遊びを相談します。「たんけん」「たこあげ」「たからさがし」をして、たっぷりたのしいまるごと「た」の日の1日になりました。 

 

 

自然『いぬ』 
 2018年の干支は戌。絵本の中でイヌと一緒に散歩をしながら、生態をじっくり観察します。どうしてよく舌をだすの?ほかのイヌと出会ったらどうするの?元気なイヌの行動から、特徴や能力を学びます。 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

12月の絵本

2017.12.04 Monday

 <年少> 

『すごいケーキやさん』
 ある日、ケーキやさんのこんたは、お店の前に「明日すごいケーキを発売します」と看板を出しました。動物たちはどんなすごいケーキが出来るのか、心待ちにしながら、ケーキやさんをのぞきます。次の日、お店にはたくさんのお客さんがやってきて、自分たちの顔そっくりに作られたケーキに大喜びです。ケーキは全部売れ、1つだけ大切に残しておいたきつねのケーキをお家にもって帰り、家族みんなで楽しく食べました。 

 

 


 

『がくしゅう絵本』 
 ・いっすんぼうしのお話は、小指より小さい男の子が勇敢に鬼と戦い、お姫様を助けました。そして鬼が落とした願いをかなえる打ち出の小槌で立派な若者になり、幸せに暮らします。

 ・雪とはどういうものかを知り、雪だるまのシール遊びを楽しみます。

 ・お友達が困っているときにはどうしたら良いかを考え、助けてあげることの大切さを学びます。

 

 


<年中>

『つきのおもちゃみみちゃん』
 月でおもち屋をしているみみちゃんのお店はいつも宇宙人でいっぱいです。そこへかいじゅう星人がお腹を空かせてやってきて、地球のお友達の為に用意していたおもちも全部食べてしまいました。おもちを食べさせてくれたお礼にと、宇宙人たちもおもち作りを手伝い、無事地球に届けることが出来ました。

 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 ・来年の干支、犬について知り、犬とおでかけするシール遊びをします。

 ・大晦日に食べるおそばができるまでの工程を学びます。

 ・「かさじぞう」のお話を読んで、お正月に期待をもちます。 

 


<年長>

『おしりませんでした』
 おしりの形の秘密や大切さ、筋肉を付けるためのおしりの運動、「おしり」のつく言葉など、おしりについて楽しく教えてくれる絵本です。 

 

 

 

自然『すし』 
 酢飯と好きな具を海苔をまいて作る手巻き寿司、おいしいですね。具になるネタは切られたものを見ることが多いですが、もとはどんな姿をしているのでしょう。話題が広がり、見た目も楽しいお魚図鑑です。 

 

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

11月の絵本 

2017.11.03 Friday

 <年少> 

『ぼくのくつした』
  ねこに追いかけられていたねずみくんは、公園で靴下の忘れ物を見つけ、その靴下に隠れます。しばらくすると、お耳が冷たいと、うさぎちゃんがやってきて靴下をお耳に着けてポカポカになると、今度はきつねの親子が川を渡るのに子ども達を靴下に入れて渡りました。次はどんぐりを運ぶのに困っているこりすの兄弟に靴下を貸してあげます。するとそこへ、靴下の持ち主のけんちゃんが靴下を探しにやってきて、無事に靴下をみつけ、その靴下にこりすの兄弟のどんぐりが1つ入っていて、けんちゃんはうれしくなりお家に帰る、心温まるお話です。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 ・紅葉した木々やどんぐりの形や色をみて楽しみます。 

 ・落ち葉の衣装のシール遊びをします。

 ・動物たちが落ち葉で小人に洋服を作ってあげると、小人が魔法でみんなの落ち葉の服を本物に変身させてくれました。小人くんは、森に魔法をかけて動物たちのお店ごっこが始まります。ねずみ君がロケットのボタンを押すとあら不思議!みんな元の姿に戻っていました。

 ・りんごの花が咲き実になるまでを知り、りんごのメニューを見て食への興味につなげます。

 ・面倒になりがちな手洗いうがいを進んでできるよう啓発し、楽しく正しく手洗いうがいが出来るよう取り組みます。

 

 


<年中>

『くまくんとうさくんのふたりでアップルパイ』
 ・くまくんとうさくんは、お料理が大好きでお茶会の為にアップルパイを焼くことにしました。しかし、うさくんは失敗ばかり。落ち込んでいるうさくんを、くまくんが元気づけ、2人でアップルパイを作り直しました。みんなが集まってきて、お茶会の始まりです。おいしくいただきました。 

 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 ・身の回りにはどんな仕事があるかを知り、シール遊びをして楽しみます。

 ・秋のおいしい魚を見て学びます。

 ・みんなで一緒にひとつのことをやりとげる大切さを感じます。

 ・こぶちゃんとくもくんがお空をお散歩するお話です。 

 


<年長>

『はなやののあさん』
 お花屋さんをしているのあさんのお店に小さな女の子がお母さんのプレゼントを買いに来ました。しかし、お金が足りません。のあさんが困っていると、お客さんがやってきて花束を注文しました。のあさんが花束を作っているあいだ、女の子がお手伝いをしてくれたので、のあさんはお礼に1本の花をプレゼントしました。のあさんも女の子も笑顔になれる素敵なお話です。 

 

 

 

自然『とぶ』 
 虫や鳥、飛行機など、私たちのまわりでは様々なものが空を自由に飛んでいます。でも、どうやって飛んでいるのでしょう?飛ぶしくみを学びながら、最後は紙飛行機を作って実際に物が飛ぶ感覚を味わいます。 

 


今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

10月の絵本 

2017.10.02 Monday

 <年少>

『われらにんじゃ』
 むかでだゆうに「なんでも薬」を盗まれて4人の忍者が奪い返しにたち向かいます。次々と忍術を使ってむかでだゆうの住み家にたどりつき、無事に「なんでも薬」を取り返しました。しかけがたくさんあり、ワクワク、ドキドキする絵本です。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 ・ご飯のいろいろな食べ方を選んで、食への意欲を高めます。

 ・横断歩道のわたり方と、信号の見方を楽しく学びます。

 ・動物たちの好きなもののクイズをして、食べ物のシールを貼って遊びます。

 ・山登りをしにやってきたこぶたがのぼっていたのは怪獣でした。何度も間違えてしまったこぶたはとうとうくたびれてしまいました。お山の頂上でお弁当を食べたかったこぶたの話を聞いて、怪獣が頭にこぶたを乗せたままお山を登ってくれました。

 ・山へバイキングに行き、いろいろなケーブルカーにのって、生き物に遭遇します。山道を歩いていき、山頂でごはんを食べたり、木の実を見つけたりするお話です。 

 


<年中>

『へんてこうんどうかい』
 鬼のごろたと妖怪の仲間たちが空をとんでいると、人間の子ども達が運動会をしているところを 見つけました。人間に混ざって運動会に参加していると、子ども達が楽しみにしているダンスのときに雨がふってきました。ごろたと妖怪たちは、鬼の大将のところへ行って、雨をやますようにお願いし、晴れて虹が出る中、また運動会を楽しむというお話です。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 ・秋の公園でいろんな色や形の落ち葉があることを知り、 落ち葉を使った遊びをみたり、シール遊びをしたりします。

 ・あんこの作り方やお菓子をみます。

 ・運動会でお友達を応援する大切さを学びます。

 ・おいしい新米でおにぎりをたくさん作ってみんなで一緒に食べるお話です。

 ・秋の自然に親しみながら楽しみます。

 

 

 

 


<年長>

『かしのきホテル』
「かしのきホテル」に、鳥や虫等、いろいろな生き物が住んでいました。身なりのきたない鳥や虫が来ると、住人の生き物が嫌がります。しかし、ホテルはどんなお客も区別をしないで泊めます。それを嫌がった鳥や虫は引越しました。しかし、嵐がやってきて、引越し先の木が折れ、今にも倒れそうです。その時、「こちらにおいで」と呼んでいるのは大きな強いかしのきでした。嵐が過ぎた次の日、かしのきホテルはまた満員になりました。 

 

 

自然『いも』 
 ・園行事でもおなじみの子ども達が大好きないも。さつま芋とじゃが芋は何が違うのか、比較しながら見ていきます。苗や種芋からの成長過程や、芋掘りの様子、そのほかの種類の芋や料理も学びます。 

 

 

キッズサイエンス『サフラン』 
 ・かわいいクマの容器にシールを貼って完成させ、サフランの球根を水栽培で育てます。チューリップの球根は園庭に植えて育てます。

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

9月の絵本

2017.09.03 Sunday

 <年少>

『かぜかぜひゅるるーん』
 こぶたのこぶくんとモグラのもっくんの家のの間に大きな栗の木がありました。2人が見上げているところに妹がやってきて“かぜかぜひゅるるーん”がくると教えてくれました。何かわからず家の中に戻ってみると、家中が台風にそなえ大忙しでした。風の音にふるえるこぶくんと妹のところにもっくんが避難袋を持って土の中からやってきました。3匹で布団の中に入って眠っている間に、台風は通り過ぎていきました。翌朝、お庭にはたくさんの栗が落ちていて、皆大喜びでした。

 
 

 

『がくしゅう絵本』 
  ・いろんな乗り物に乗って、乗り物遊園地に行くお話です。

  ・地震がおきた時のお約束を確認します。

  ・パイロットになって、空のお散歩をします。

  ・空飛ぶ乗り物シールを貼って、楽しみます。

  ・秋の味覚のさんまの食べ方を、ごっこ遊びを通して、楽しみながらお箸に興味をもちます。

 

 


<年中>

『だんごむしとまんまるおつきさま』

 使われなくなった植木鉢の下でダンゴムシたちが楽しく暮らしていました。夜明け前、植木鉢からでてきたダンゴムシたちは、花についた朝露や花粉を集め、つきみ団子作りを始めます。カタツムリやコオロギなど、虫たちがたくさん集まり、楽しくお月見パーティーをするお話です。 
 

 

 

『がくしゅう絵本』 
  ・消防車の働く様子をみたり、シールを貼って遊びます。

  ・逃げるときのお約束をクイズ形式で確認します。

  ・ぶどうの皮を使っておばあちゃんと一緒にTシャツをそめる心温まるお話です。

  ・じゃがいもとサツマイモが土の中で成長する様子をみて、いろいろな料理を知ります。 

 

 


<年長>

『ぱぱぼくがそばにいるよ』
 ある日、トシくんのパパが事故に会い、以前は意識しなくても普通に覚えていたことが覚えられない、忘れてしまうという障がいをおってしまいました。トシくんとパパは、公園の帰り道、道に迷ってしまったことをきっかけに、トシ君はパパを助けていくことを心に決めました。 
 

 

 

自然『からだ』 
 人のからだの動きや現象は、多くの器官とさまざまなしくみによって可能になっています。そのおかげで毎日を元気に過ごせることを知らせます。普段は見えないからだの中を、じっくりと見ていきます。 

 

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

8月の絵本 

2017.08.01 Tuesday

 <年少>

『うみのうんどうかい』
 海の生き物たちの運動会が始まろうとしている中、運動が苦手なひらめくんは不安でいっぱい。かけっこはビリになってしまいましたが、ふぐくんの励ましもあり、綱引きはいい勝負です。最後のキラキラダンスでは、うまくできるか不安でしたが、大きな花火があがったようにダンスは大成功し、楽しい運動会になりました。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 ・「おおかみと7ひきのこやぎ」

   お母さんにお留守番をたのまれた7匹のこやぎたち。悪いオオカミに食べられてしまいますが、時計の中に隠れていた

  一番小さなこやぎのおかげで、みんなを助けることができました。

 ・「ぷるぷるゼリーじまへいこう」

   ハムスターの4兄弟が空を飛んでゼリー島をみつけにいきました。途中で雲の形を探したり、迷路を楽しみ、最後は

  ゼリー島を発見し、フルーツやクリームのシールで美味しく飾り付けをします。


<年中>

『ばけものがおどるてら』
 昔、ある村に誰もいない寺があり、旅の途中のお坊さんが来て、寺に泊まりたいと言いました。村人たちは、ばけものがでるからととめましたが、坊さんは泊まることに。すると夜、本堂ではばけものたちが歌い踊っていましたが、お坊さんは怖がるどころか一緒に踊り出しました。次の日も一緒に踊っていると、お坊さんは踊りをやめて皆を供養することを伝えると、ばけものたちは居なくなりました。朝、村人たちと本堂を見ると、やぶれた傘、かけたちゃわんなどが転がっており、物を大切にすることを約束すると、それから寺にはばけものが出なくなりました。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 ・「うみのなかたんけん」

  様々な特徴の海の生き物を知り、シールを貼って、海の仲間の大きさを比べます。

 ・夏の果物の色や形や体にいいことを学びます。

 ・「ねこのなつまつり」

  すうちゃんが浴衣を着たねこのみいと一緒に猫の夏祭りに行って屋台を楽しみ、近所の犬のたろうが来て、猫たちは驚き

  ましたが、すうちゃんの太鼓を聞いて、みんな仲良く踊りました。


<年長>

『さよならジャンボ』

 昔小さな国に王様がいました。ある年、南の国の王様から贈り物が届き、中にはぞうのジャンボとぞうつかいのバルーが入っていました。芸達者なジャンボですが、戦争が起こり、国民の命を守るため、ジャンボを殺すようバレーに命じられました。しかし、殺すことが出来ずためらっていると、ジャンボめがけて大砲が落ちてきました。ジャンボは怪我をしてしまいましたが、皆が手当てをし、元気になり仲良く暮らしました。

 

 

自然『なつのくだもの』 
 夏においしい果物にはどんな種類があるでしょうか。すいか、メロン、もも・・・同じ果物でもさまざまな品種があり、また、それぞれに興味深い秘密があります。おいしく食べて暑い夏を元気に過ごしましょう。

 

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

7月の絵本 

2017.07.02 Sunday

 <年少> 

『コロンかいぞくだん』
 コロン船長率いる海賊団が島に漂流しました。コロン船長は船が沈んで落ち込む海賊を励まし、島の頂上に宝物があるかもしれないと皆を連れ出します。頂上にはおばけ達が住んでいました。みんなは驚いておばけ屋敷を壊してしまいました。おばけはいたずらをしてしまってふるさとに帰れずにいたのです。そこでコロン船長がおばけ屋敷を船に変身させようと一致団結!家が立派な船になり、海賊とおばけ達は一緒に旅を続けることになりました。

 

 

『がくしゅう絵本』 

「すごいぞかぶとむし」

  夏の虫、かぶとむしについて知ります。

「すもうたいかい」

  かぶとむしの相撲大会を、シールを貼って遊びます。

「かしてほしいときは?」

  お友達の気持ちを考え、おもちゃの貸し借りをするときの言葉をもう1度みんなで思い出します。

「なつカレーをたべよう!」

  夏野菜に興味をもちます。

「へんしんプール!」

 ゾウやラッコ、くまに変身して、よりプールが楽しくなるようなお話です。

 

付録「なつだ!うみへいこう!」

 海にはいろんな形や色の貝殻や生き物がいます。砂浜で遊んだり、磯を探検してみたり、絵本をもって遊びに行きたくなるような絵本です。

 


<年中> 

『とこやのザリガニータ のびざかりのおきゃくさん』
 床屋をひらいているザリガニータはとても腕前がいいので毎日たくさんのお客さんがきます。あるひ、たけのこがやってきて一度髪の毛を切ってもらいましたが、次の日も体が大きくなって訪ねてきました。そしてザリガニータの目の前でぐーんと成長し、竹になり、笹も生えてきました。そんな竹に合う髪型をザリガニータは考え、たくさんのお客さんたちと協力し、七夕飾りをつけていきました。竹もお客さんも大喜びするというお話です。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「うらしまたろう」

  楽しい時間は早く過ぎてしまうということを知ります。

 「へんしん!なつのむし」

  セミやカブトムシが成長する過程を学びます。

 「むしとりにいこう!」

  夏の虫のシールを貼って楽しみます。

 「トマトクイズ!」

  トマトの成長の仕方やいろいろな料理を知ります。

 「そとをあるくときは」

  周りの人の迷惑にならない歩き方を考えます。

 

付録「ずかん」

 夏の生き物や植物をみて、実際に探したりして楽しみます。 

 


<年長> 

『まよなかたんけんたい』
 おねしょをしてしまう弟のために、お兄ちゃんが真夜中に探検に連れ出し、おねしょをしないようにトイレへ導くお話です。

 

 

 

自然『か』 
 暑くなると現れる蚊は、いったいなぜ血を吸うのでしょうか?どんな人がさされやすいのか、どんな種類がいるのかなど、みんなが蚊について抱く疑問に答える形式で、ヒトスジシマカの生態を中心に紹介します。

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

6月の絵本 

2017.06.03 Saturday

 <年少> 

『すすめ!キッチンたんけんたい』
 おまめくんたちキッチン探検隊が、いろいろな食物の仲間を巻き込みながら、コロコロ、ぴょんぴょんキッチン探検します。黄色いはたを持って赤いお山を目指します。さて、探検隊は無事に到着するのでしょうか。 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「あめあがりにみつけよう!」

  雨が降った後の自然や生き物をみつけます。

 「ケロケロコンサート」

  かえるのシールを貼って楽しみます。

 「カチコチジリジリジリーン」

 ゆうちゃんがお昼寝していると、目覚ましくんが現れて、時計のお城に遊びに行きました。いろんな時計と遊んでいると、ちょうちょさんがやってきて、小さな時計が迷子になっているのを教えてくれました。ゆうちゃんがお家に迷子の時計を連れて帰ると、それはママの探していた時計でした。

 「あついひには、きゅうりをたべよう!」

  きゅうりの秘密やおいしい食べ方を教えてくれます。

 「きれいにはみがきできるかな?」

  歯磨きをしないりんごちゃんと一緒に、歯磨きの仕方を楽しく学びます。

 


<年中>

『たのしいすなすなぼし』
 宇宙に浮かぶすなすなぼし。まわりにもたくさんの不思議な星があり、そこで遊ぶためにすなすなぼしの子どもたちは協力して橋をかけます。そして、すなだらけだったすなすなぼしは、プールができたり、花が咲いたりして、楽しい星になるというお話です。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「にんじゃあまがえる」

  かえるについて知ります。

 「おいしいまめ!」

  枝豆の育つ様子や料理を学びます。

 「せんせいのはなしをきくときは」

  話を聞くことの大切さを知ります。

 「ライオンとねずみ」

  互いに助け合う気持ちを育てます。

 


<年長> 

『しっぽだいさくせん』
 とかげのチョロはねこにしっぽをとられてしまいます。そこで、えのころ草で、新しいしっぽを作りました。それを見た仲間にも、花や草のいろんなしっぽを作ってあげました。そんなある日、チョロの大好きなかなちゃんがねこに捕まってしまいます。勇気を出して、チョロはねこのしっぽを力いっぱいひっぱりました。しかし、チョロがひっぱったのは、チョロが作ったしっぽでした。ねこは自分のしっぽだと勘違いして、びっくりして逃げていきました。

 

 

自然『かたつむり』 
 雨の季節によく見かけるかたつむりですが、からだのつくりはどうなっているのでしょう。かたつむりの知られざる秘密に迫ります。

 

 

『キッズサイエンス』 
 水遊び定番グッズの水鉄砲。キャップを交換すると、水の出し方が変えられます。

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko
 
プロフィール サイト内検索
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
新しい記事 アーカイブ
カテゴリ リンク モバイル
qrcode
Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ