6月の絵本 

2017.06.03 Saturday

 <年少> 

『すすめ!キッチンたんけんたい』
 おまめくんたちキッチン探検隊が、いろいろな食物の仲間を巻き込みながら、コロコロ、ぴょんぴょんキッチン探検します。黄色いはたを持って赤いお山を目指します。さて、探検隊は無事に到着するのでしょうか。 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「あめあがりにみつけよう!」

  雨が降った後の自然や生き物をみつけます。

 「ケロケロコンサート」

  かえるのシールを貼って楽しみます。

 「カチコチジリジリジリーン」

 ゆうちゃんがお昼寝していると、目覚ましくんが現れて、時計のお城に遊びに行きました。いろんな時計と遊んでいると、ちょうちょさんがやってきて、小さな時計が迷子になっているのを教えてくれました。ゆうちゃんがお家に迷子の時計を連れて帰ると、それはママの探していた時計でした。

 「あついひには、きゅうりをたべよう!」

  きゅうりの秘密やおいしい食べ方を教えてくれます。

 「きれいにはみがきできるかな?」

  歯磨きをしないりんごちゃんと一緒に、歯磨きの仕方を楽しく学びます。

 


<年中>

『たのしいすなすなぼし』
 宇宙に浮かぶすなすなぼし。まわりにもたくさんの不思議な星があり、そこで遊ぶためにすなすなぼしの子どもたちは協力して橋をかけます。そして、すなだらけだったすなすなぼしは、プールができたり、花が咲いたりして、楽しい星になるというお話です。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「にんじゃあまがえる」

  かえるについて知ります。

 「おいしいまめ!」

  枝豆の育つ様子や料理を学びます。

 「せんせいのはなしをきくときは」

  話を聞くことの大切さを知ります。

 「ライオンとねずみ」

  互いに助け合う気持ちを育てます。

 


<年長> 

『しっぽだいさくせん』
 とかげのチョロはねこにしっぽをとられてしまいます。そこで、えのころ草で、新しいしっぽを作りました。それを見た仲間にも、花や草のいろんなしっぽを作ってあげました。そんなある日、チョロの大好きなかなちゃんがねこに捕まってしまいます。勇気を出して、チョロはねこのしっぽを力いっぱいひっぱりました。しかし、チョロがひっぱったのは、チョロが作ったしっぽでした。ねこは自分のしっぽだと勘違いして、びっくりして逃げていきました。

 

 

自然『かたつむり』 
 雨の季節によく見かけるかたつむりですが、からだのつくりはどうなっているのでしょう。かたつむりの知られざる秘密に迫ります。

 

 

『キッズサイエンス』 
 水遊び定番グッズの水鉄砲。キャップを交換すると、水の出し方が変えられます。

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

5月の絵本 

2017.05.03 Wednesday

 <年少>

『ぷるるんロボルン』
 今日から幼稚園に通うそらたくん。保育室で出会ったロボット「ロボルン」が、幼稚園を案内してくれました。♪ぷるるん ぷるるん ロボルンるんるん と、ロボルンに乗って、新しいお友達のところへ遊びに行こう!

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「はるのおさんぽ」

  お散歩をしていたら、いろんなところで虫たちと出会います。「何しているの?」と聞いてみましょう。

 「あっちゃんのみつけたもの」

  ありんこたちが、はらっぱを歩き回り、“おおきくってまあるいもの”をみつけるお話です。

 「ごはんパワーでげんきもりもり」

  「おべんとう いただきまーす!」絵本の中で、肉も魚も野菜も入ったお弁当を食べる疑似体験を楽しみます。

 「げんきにあそぼう」

  元気いっぱい遊ぶお友達のシールを貼って遊びます。

 「かたづけ☆できるかな?」

  りんごちゃんと一緒にお片付けの仕方を学びます。

 


<年中>

『いけ!ぼくらのきょだいきかんしゃ』
 裏庭に落ちていた木の枝を拾った男の子は、枝を巨大きかんしゃのハンドルに見立て、そこから友達と一緒におもちゃや廃材を使って、大きなきかんしゃを作り、出発!友達と一緒に様々な冒険をします。子ども達の想像力あふれるお話です。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「だれのあかちゃん?クイズ」

  いろいろな動物の赤ちゃんを見た後、動物のごはんを考えながらごはんシールで遊びます。

 「順番を守ろう」

  順番を守ることの大切さを学びます。

 「春のおいしいものなあに?」

  いちごの成長する様子を見て、いろいろないちご料理を知ります。

 「春風吹いて」

  春風がそよそよ吹く様子が描かれた、あたたかいお話です。

 


<年長>

『ごんちゃん』
 おおぞらえんに入園したまいちゃんは、なかなかみんなの輪の中に入れず、もじもじしています。お友達に声をかけるチャンスはあるけれど、なかなか勇気がでません。遠足で迷子になりそうになったところを、お友達のごんちゃんが声をかけてくれました。そのことをきっかけに、たくさんのお友達と遊べるようになりました。

 


 

自然『ふれあいどうぶつえん』 
 だっこのしかたや、触り方を通して、小さな命への思いやりの心を育みます。

 


 

『キッズサイエンス』 
 透明のケースに虫や草花を入れて遊びます。

 

 


 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

4月の絵本 

2017.04.05 Wednesday

 <年少>

『コケコックさん』
 コケコックさんはどんな料理でも作れるにわとりのコックさん。コケコックさんのレストランにたくさんのお客さんがやってきます。そしてコケコックさんは、おいしい料理を作り、お客さんは大喜びしてくれるあたたかいお話です。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「にっこりぐみのりんごちゃん」

  りんごちゃんと一緒にトイレの使い方や自分でできることを喜び、約束を知ります。

 「いっしょにあそぼう!」

  身近な生き物に親しみ、写真を見ながらポーズをして遊びます。

 「フライパンのおかいもの」

  フライパンの仕掛けで遊びながら、お子様ランチを作るお話です。

 「くだものいいにおい」

  イチゴやバナナの写真をこするとにおいがします。

 「ケーキのおしろへようこそ」

  お城のケーキをデコレーションしてシール遊びをします。

 「はるだ!ピクニックへいこう!」

  春の花や虫を探し、動物たちと触れ合いながら、ピクニック気分をあじわいます。

 


<年中>

『10ぴきのおばけ サーカスへいく』
 おじいさんと暮らす10匹のおばけ。ある夜、サーカスの子ゾウがやってきて、ふるさとのアフリカのように自由に遊びたいと言いました。そこで、森の向こうの広い草原で思い切り遊んだ子ゾウは満足し、サーカスに帰っていきます。お礼におじいさんと10ぴきのおばけたちは、ぞうの背中にのり、サーカスに参加することができ、喜びました。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 ・春の生き物についてクイズ形式で学びます。

 ・森の大きなけやきの木に、小さな10匹のねずみのお弁当屋さんがありました。お客さんからの注文で「さくらやま」まで

  ちらし寿司を届けることになりました。途中川があり困っていると、かめさんが橋になってくれ、無事お弁当を届けることが

  出来たお話を読みます。

 ・「メダルずかん(はる)」で、春の植物や生き物、食べ物を知ります。 

 


<年長>

『はなくさもりのケーキやさん』
 うさぎのふーたち一家はある日引越しします。引越した先はふるびたお家。その家の前に大きなリンゴの木がありました。ふーは古い家は嫌だと手伝いをせず庭に出て行ってしまいます。そこへお父さんが来て、ふーの大好きなリンゴを使ってケーキ屋さんを開くためにここへ引越したことをふーに話します。やる気になったふーは奮闘しながらもお店を開店させるために一生懸命頑張り、無事リンゴの花が満開になった日、お店も開店されました。

 

 

自然『だんごむし』 
 子ども達に大人気のだんごむしは園庭のどこにかくれているかな?だんごむしの生態を詳しく知ることで、もっと興味がわいてきますよ。

 

 

『キッズサイエンス』 
 全高120cmタワー型の支柱で、種まきから開花、種の収穫までを体験します。

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

3月の絵本

2017.03.12 Sunday

 <年少>

『はるにこんにちは』
 3匹のこぐまたちが、お家の中で寝ていると、お日様が「おーい!」と外に呼びました。それでも起きないこぐまたちの所に、くもがモクモクと集まってきて優しく包みます。雨が降り、草の芽が伸び、そよ風が優しくなで、小鳥たちがピピピと歌っているとだんだん目を覚まし、最後にお日様の「めをさましてー!」の一声で、やっと起きたこぐまたち。春がきていることに気が付いて「こんにちは!」と喜んで挨拶をしました。 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「こんなにできるようになったよ!」

  一年間を振り返って、たくさんできるようになった事に成長の喜びを感じます。

 「カップケーキパーティー」

  カップケーキを作るごっこ遊びをし、シール遊びを楽しみます。

 「とくいわざをみせまショー」

  動物たちが自分の得意技を教え、動物の特徴を知ることが出来ます。

 「もうすぐおにいさん おねえさん」

  もうすぐ進級することに期待をもち、助け合いの心をはぐくむお話です。


<年中> 

『レミとシド』
 レミが歌って踊り、シドが太鼓と笛を鳴らすと、町の人や泥棒までも踊り出します。うわさを聞いた王様に竜をおとなしくさせるように頼まれました。得意の音楽で踊り出し、子守歌をきくとおとなしくなり、南の島に帰りたいと言ったので、お礼に王様から竜をもらい、帰してあげました。 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「はるがきた」

  花のつぼみが成長する様子や、生き物が元気に活動しだすことを知ります。

 「もうすぐひとつ おおきいぐみ」

  1年間を振り返り、来年度に期待をもちます。

 「せかいでたべよう」

  様々な国と料理を知ります。

 「みんなすごいね!」

  友達の良いところを見つけていく温かいお話です。


<年長>

『きょうだいぎつねのコンとキン』
 きつねの兄弟が迷子になっている人間の女の子を助けてあげる心温まるお話です。

 

 

自然『しっぽ』 
 細いの、太いの、短いの、長いの、ふさふさしたのいったい誰のしっぽでしょう?いろいろな動物たちの個性豊かなしっぽを見ながらしっぽがどんな役割をしているかを知ります。

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

2月の絵本

2017.02.04 Saturday

<年少> 

『ゆきだるまのともだち』
 もりのなかに一人でゆきだるまがいました。ゆきだるまは、森の動物や降ってくる雪も友達です。ある日、雪のやんだ静かな夜にこっそり降りてきたお月様は、ゆきだるまを作りたくて、たくさんのゆきだるまを作りました。たくさんの友達ができて2人は喜び、夜が明けてお月様はお空に帰っていきました。またあえるといいですね。 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「きたかぜくんがやってきた!」

  おっくんのお家にきたかぜくんが遊びにきて、外に誘いました。外は寒いので、嫌がっているとお母さんが帰ってきて、袋のたこの作り方を教えてくれました。みんな大喜びで外に出ると、きたかぜくんのお父さんもやってきて、みんな走って体もポカポカになりました。

 「すてきなともだち」

  いろんなゆきだるまが出てきます。

 「あったかりょうり めしあがれ」

  あったかいシチューやグラタンを作って、みんなで温まったら器にシチューのシールを貼って遊びます。

 「きちんといえるかな?」

  お友達とぶつかった時に、泣かずに自分の気持ちを伝えられるかをお話から学びます。


<年中> 

『むじなやど』
 人間に嫌われたようかいむじなは、山奥に引っ越すことにしました。そこでたまに来る人間を追い払おうと温泉宿を開きます。以来数百年は静かに暮らしましたが、久しぶりに開いた温泉宿が大人気に。みんなばかされようとやってきます。もともと人間が好きなむじなは、人間たちをばかしながら、楽しく暮らすようになりました。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「にほんざるのひみつ」では、サルの寒い冬の過ごし方を学びます。楽しい雪遊びを知り、雪遊びシールを楽しみます。小さい子に優しくしようのお話を読んで、ぽんたと一緒にやさしい気持ちを学びます。「もうすぐひなまつり」で、ひな人形を見てひなまつりに期待をもちます。「ずらりんのおすしやさん」で、魚やエビ、卵のもとの姿を知ります。「つくっちゃおばけが やってきた」のお話は、やぶれた紙や短くなったクレヨンを捨てると、「つくっちゃおばけ」が「もったいない!」と言ってやってきます。そして、捨てようとしたものを使って、おばけのお面を作り、楽しく遊ぶお話です。付録のお面に色を塗って遊びます。

 


 <年長> 

『ないたあかおに』
 赤鬼くんは人間と仲良くしたくて、いろんな方法を試しますが、いつも怖がられ、村人たちは逃げてしまいます。そんな赤鬼くんを見た青鬼くんは、自分が村人を襲うから赤鬼君は僕を殴って村人を助けるようにと言いました。そのおかげで村人たちと仲良くなれましたが、気づけば大切な青鬼君を失い涙を流しました。 

 

 

自然『たいよう』 
 太陽は地球に住む生き物たちにとってはなくてはならない星です。夜が明けるのも、暖かい春が訪れるのもすべて太陽のおかげ。そんな太陽とはいったいどんな星なのか、地球と比較しながら学びます。 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

1月の絵本 

2017.01.06 Friday

               <年少> 
『イエーイ!』

 住んでいる人たちがみんな出掛けてしまい、留守になった家たちが、みんなで世界中の家を見る旅行に行くことにしました。「イエーイ」の掛け声とともに進む、ノリの良い家たち。旅を満喫し、皆で泊まれる「家の家」を作り、「家っていいね」と自分たちの大切さに気付きます。元の場所に戻り、住んでいる人たちが帰ってきて「家が一番落ち着くね」と言われ、うれしくなりました。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 寒いところに住む動物たちから「元気に暮らしているよ」と、かわいい写真の年賀状が届きます。今年の干支のにわとりさんから、皆と遊んだ思い出の年賀状にシールを貼って遊びます。いとこの「だいにいちゃん」の真似をして、かっこよくお風呂に入る「はだかロボットギーカシャン」のお話です。おもちゃを順番に使うことや、「かして」「ありがとう」などを言葉で伝えることなど、友達とのかかわりを学びます。「もちつき」では、おもちつきをするときに杵と臼を使うことを知り、もちつきを楽しみ、いろいろな味付けがあることを知ります。

 

別冊『おしごといってきます』

 働く車の仕事の様子を、写真を見て知ります。

 


          

           <年中> 
『ゆきののはら きらきら』

 「今夜雪がふるぞ」と、ふくろうじいさんから聞いたりすくんは、くまくんとウサギちゃんにも伝え、本当の雪を見たことがない3匹は、わくわくしました。木の枝を積んで遊んでいると、くまくんとうさぎちゃんが喧嘩をして帰ってしまい、雪が降れば仲直りをしてくれると考えたりすくんは、雪が降り出すのを待ち続けます。雪が降り始め、2匹を呼び、みんな仲良く大はしゃぎ。雪合戦をしたり、転がって遊んだりと、雪でキラキラしている野原に笑い声が広がる、心温まるお話です。 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「うえからみると これな〜んだ?」いつもとは違う空からの景色を見て楽しみます。 友達の気持ちを考えることの大切さを思い出します。2月3日の節分、豆まきのことを知ります。お餅はどのようにして作られるのかや いろんな食べ方も知り、お餅のシールを貼って、お餅やさんになります。「北風と太陽」のお話を読みます。 

 

別冊「ふゆのつるつるメダルずかん」

図鑑を通して冬の動植物、春に咲く植物などについて知ります。


          <年長> 
『またまたさんせーい!』
 5匹の仲良しオオカミが何をして遊ぶか相談し、おにごっこをすることになりました。オオカミたちが森の中に走っていくと、おにごっこをしていることを知らないこぶた達が、食べられると思い逃げ出しました。オオカミたちも、逃げるこぶた達を捕まえることに必死になり、おにごっこをしていることを忘れていました。 捕まえたこぶた達を抱きかかえる姿をお互い見て、自分たちが何をしていたのかを思い出し、またおにごっこを再開しました。

 

 

自然『まめ』 
 大豆の加工を中心に、いろいろな豆とその利用法をみていきます。豆腐、きなこ、納豆、味噌、醤油など、同じ大豆が加工の仕方によってさまざまな食べ物に変身していく様子を写真で紹介します。

 

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

12月の絵本 

2016.12.04 Sunday

 <年少> 
『ぐるぐるまわろう ぐるぐるでんしゃ』

 「やままわり」と「うみまわり」どちらかの電車に乗ったつもりで、旅をするお話です。どちらもにぎやかな街の中、海や山などのいろいろな景色を見て楽しむことができます。 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「ぶたさんいっかの としこしだいさくせん」では、お正月を迎えるための準備を、間違い探しや迷路、シール遊びなどで楽しく学びます。「どっちにのりたい?」では、飛行機と新幹線の違いを知ります。「たすけてあげるよ!」は、困っているお友達を助けてあげるお話です。

 


<年中> 
『しらゆきひめ』

 お城に住む意地悪なお妃様は、自分より美しい白雪姫が気に入らず、命を狙います。なんとか森へ逃げ込んだ白雪姫は、小人の家にたどり着き、一緒に暮らすことになりました。お妃さまは、魔法で毒リンゴを作り、白雪姫に食べさせます。倒れた白雪姫に王子様が口づけをすると目を覚まし、2人は結婚して幸せに暮らすお話です。 
 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「ずらりんのパーティー」では、ずらりんと一緒に間違い探しやシール遊びをしながら、お友達の家を目指します。十二支のお話では、干支の動物たちの順番がどのように決まったのかを知ります。「もうすぐお正月」では、おせち料理の種類と意味を学びます。

 


<年長> 
『のねずみくんと かぜぴゅうぴゅう』

 かぜぴゅうぴゅうが窓をがたごとならすので、のねずみくんはうるさくて、昨夜眠れませんでした。マフラーをまいて外に飛び出し、かぜぴゅうぴゅうと遊んでいると、かえるのおじいさんが倒れているのを見つけました。のねずみくんは、かえるのおじいさんを家まで送り、あたたかくなるように自分のマフラーをまいてあげました。首が寒くなったのねずみくんでしたが、お友達ののねみちゃんが、またマフラーをプレゼントしてくれました。心あたたまるお話です。
 

 

 

自然『ねこ』 
 ねこは昔から人と暮らしてきたとても身近な動物ですが、改めて観察すると、その優れた運動能力や愛嬌のある行動に不思議と目をひかれます。そんなねこの生態を学びます。
 

 

 

『キッズサイエンス -サーカスごま-』 
 ひもで簡単にまわせるかわりごま。こまは、模様の描かれた円盤で、回転模様を楽しんだり、支柱の上でまわしたりできます。

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

11月の絵本 

2016.11.03 Thursday

 <年少> 
『ちゅうちゅうたいと ふしぎな き』

 動物たちは、不思議な木を目指して、遠足に行きました。しかし、不思議な木はおこりんぼうきのこが生えているせいで、みんなを捕まえてしまいました。みんなが困っていると、ねずみのちゅうちゅうたいが皆を助け、おこりんぼうきのこを抜いてくれました。すると、いつもの優しい木にもどり、色とりどりの果物が実りました。みんなは、たくさんくだものを食べて、幸せな気持ちになりました。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 「あきのトンネル」は、緑の葉っぱが色づく様子をみて、秋を感じます。

「でんしゃがビュワーン!」は、線路の上にシールを貼って楽しみます。

「ショベルカー がーがー」は、ショベルカーが穴を掘って、落ち葉のプールを作り、動物たちが喜んで遊んでいるお話です。

「てあらい うがいで ぴっかぴか」は、手洗いとうがいの大切さを学びます。

「カレーライスをつくろう!」は、おいしいカレーの作り方を知り、こするとカレーの匂いがする仕掛けを楽しみます。 


<年中> 
『どんくーの からだ たんけん』

 ある日、ベッピーノ姫が、「父親のオッキーナ王が不思議な病にかかった」と言って、助けを求めにやってきました。どんくーが秘密道具を使うと、お腹が光っていたので、王様にえすかるごうを飲み込むように言いました。えすかるごうから どんくーは、王様が噛まずに飲み込んだチョコレートと、指輪についている宝石を見つけました。えすかるごうは風船に包まれ、おならと一緒に外に出て、王様の体は元通りになりました。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 秋になると冷たい風が葉っぱの色を赤や黄色に変えます。その葉っぱや木の実を使って、くーたんの帽子をおしゃれに飾り付けるシール遊びをします。ぽんたの発表会を成功させるために、みんなで力を合わせて練習する大切さを学びます。ずらりんと一緒にパン屋さんで作ったパンをみんなで食べ、ほかにもいろいろな仕事があることを知ります。「おいしい かきの木」は、山にある柿の木を、さるくんと からすくんが取り合ってけんかをしていましたが、食べてみるととても渋くて、おいしくありません。動物たちも集まって、みんなで残念そうにしていると、いのししおばさんが干し柿の作り方を教えてくれて、みんなで作りました。後日、しわしわになった甘い干し柿を、けんかをしていたさるくんと かわすくんも、仲良く食べたお話です。

 


<年長> 
『たねっぽのおはなし』

 だんだん村の真ん中に、お弁当屋さんのアナグマのあなパパさんが 。お弁当を車に乗せて配達に行った帰り道、茂みの中のトンネルに吸い込まれてしましました。そこは花の種を届ける“たねっぽ”たちの住む世界でした。たねっぽたちは、羊おばあさんに種をプレゼントするために大忙し。その様子を見ていたあなパパは、たねっぽたちにおいしいご飯をふるまいました。おなかいっぱいになった たねっぽ達は、羊おばあさんのお庭に種を届けに行きました。お花がいっぱいになったお庭で、羊おばあさんのお誕生日パーティーが始まり、みんなは大喜びです。

 

 

 

自然『いろ』 
 身の回りにあるさまざまな色。もとになるのは、赤・青・黄色の3色です。この3つの色を混ぜると、どんな色が生まれるでしょうか? 実践しながら、色にまつわる発見を楽しみ、色彩感覚を養います。

 

 

 

キッズサイエンス『プロペラカーキット』

 1人1つの牛乳パックにタイヤ、プロペラ、輪ゴムを取り付け、プロペラを回すと、ゴムの力で進む車作りに挑戦します。
 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

10月の絵本 

2016.10.07 Friday

 <年少> 
『(くるんちゃんの)おにわで びっくるん』

 くるんちゃんは、お庭にあったカゴやおもちゃ箱、物置をあけてみると、中からいろいろなものが飛び出してきました。絵本を逆さにひっくり返してみると、動物に変身するという仕掛けになっています。

 

 

別冊『ひかりのくに』

『とれたてですよ!』

 おいしい秋の食べ物にふれ、収穫の仕方を学びます。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 小さな動物たちが暮らす、「ちいころむら」では、秋の運動会が行われています。サツマイモのつるの綱引きや、栗の実の玉入れ、りんごの玉入れなど、みんな力を合わせて頑張ります。一生懸命頑張ったあとは、村長さんがたくさん獲れた秋の味覚で、おいしいおひるごはんを作ってくれて、みんなで食べました。

 

「どんぐりおうじを みつけよう」

 いろんな形の帽子を被ったどんぐりおうじを探します。

「しっかり ならんで いけるかな」

 公園までみんなで歩いていくことになりましたが、るぴーは友達の手を離してしまいます。しかし、道には危険がいっぱいです。安全に公園まで行けるように、お約束事を楽しく学びます。

「なんの はたけ?」

 くねくねのつるが沢山ある畑の土の中には、おいしそうなサツマイモがたくさん実っていました。このたくさんのサツマイモを使って、「さつまいも料理」を作り、シールで動物さんたちに御馳走します。


<年中> 
『ひゅるりんの うんどうかい』

 今日はおばけ園の運動会。2つのチームに分かれて、大玉送り、しっぽ結び競争、化けっこと競い合っているのですが、勝負が決まりません。最後はおばけ園名物の、綱引きです。2チームとも「まけないぞ」と頑張っていたのですが、けけけ組のひゅるりんが「みんなでひこう!」と提案し、ぞぞぞ組のぶるぶるが「それはいい!」と賛成しました。協力し合って、綱は見事に抜け、みんな金メダルをもらうことができました。

 

 

『がくしゅう絵本』 
「こまっているよ」では、道を歩く時のルールを思い出し、「おいもほり」「きのこずらり!」で秋の味覚を知り、秋を感じながら、おいしい秋の食べ物シールを貼ります。 「へんしん!にんじゃかげまる」は手の影でいろんな影絵を楽しみます。 「ふたごのくまと どんぐりくんたち」のお話を読みます。

 

 

『あきのつやつやメダルずかん』

 秋のおいしい食べ物や虫を、図鑑を通して知り、秋を感じます。   

 


<年長> 
『きゅうじつの どうぶつえん あいうえお』

 休日の動物園にいる動物たちを、「あ」から「ん」まで50音順に楽しく紹介するお話です。 

 

 

自然『まつぼっくり』 
 どこでも簡単に拾って、手軽に遊べるまつぼっくりは、子どもにとって恰好のおもちゃです。まつぼっくりの面白い秘密を、わかりやすい写真を使って紹介します。

 

 

『キッズサイエンス』「サフラン」 
 水栽培をし、成長を観察します。花が咲き次第、持ち帰ります。

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko

9月の絵本 

2016.09.11 Sunday

 <年少> 
『たんこぶた』

 ぶたくんが歩いていると、木にぶつかり、たんこぶができてしまいました。「いたいの いたいの とんでけ〜」…すると、たんこぶが次から次へと 皆にくっついていきます。最後はぶたくんに戻ってきますが、妹が見ていたので、痛いのを我慢したかっこいい

ぶたくんでした。
 

 

 

『がくしゅう絵本』 
 虫の鳴き声を聞いて秋を感じます。「ふたごのおつきみ」のお話は、おつきみの日にお供えするものや、池にお月様がうつる様子を楽しみます。そして、地震の時の避難の仕方を教わります。「おこめが みのったよ」は、おにぎりを作る疑似体験を楽しみます。「そらのさんぽ」は、いろいろな風船につかまったお友達のシールを貼って遊びます。

 

 
<年中> 
『パルネとふしぎなたね』

 ある日、おじいさんにもらった種をまくと、次の朝天まで届くほど、大きく育っていました。木を登っていくと、そこは雲の国。そこには、何でもひとり占めするいじわるな王様がいました。王様は種を奪って全部まいてしまいますが、あっというまに果物が育ち、重さに耐えられず、みんな落ちてしまいました。果物もひとり占めにしようとした王様ですが、パルネのお母さんと一緒にケーキを作り、初めてみんなに分けてあげたいという気持ちになりました。そして王様は人にやさしくなり、雲の上は笑いが絶えない国になりました。

 

 

『がくしゅう絵本』 
 稲からお米になる様子を見て、いろんなおいしいお米料理を知ります。避難訓練で大切な約束を知り、実践に役立てます。運動会に向けて、走り方や玉入れのコツも学びます。そして、宝石シールを貼って、自分だけの金メダルをつくります。「ほねほねクイズ!」で、身体には骨があることを知り、丈夫な骨の作り方を学びます。「おばあちゃんと じゃんけんぽんさんぽ」は、おばあちゃんとじゃんけんをして、行き先を決めていく大冒険のお話です。

 


<年長> 
『つきことおつきさま』

 月のないまっくらな夜のこと。つきこの部屋にお月さまがやってきました。不思議に思ったつきこが聞いてみると、新月の今夜、お空を留守にしてつきこの所へやってきたと言うのです。お月さまは、月の満ち欠けなど、つきこの質問にひとつひとつ優しく答えてくれました。楽しい時間を過ごした後、「これ以上お空を留守にはできません」と、月のない夜空に帰っていきました。

 

 

 

自然『すずめ』 
 みなさんがいつも見かけている鳥、すずめ。ちゅんちゅんと鳴き声通りのかわいい姿はよく目にしますが、実は激しい形相でけんかをすることもあるのですよ。そんな、あまり知られていないスズメの興味深い生態に迫ります。

 

 

 

 

今月の絵本|-|-|-|-|by zuiko
 
プロフィール サイト内検索
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
新しい記事 アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ